超短時間営業のラーメン店「京ラーメンさだかず壬生」

お昼の2時間のみの営業「京ラーメンさだかず壬生」

さだかずさんと言えば元々祇園で22時から3時間のみの営業で
まさに知る人ぞ知る幻のラーメン屋でした。
TVで紹介されてからは知れ渡ってお客さんも増えたそうです。

そのさだかずさんが地元の四条大宮でお昼のみ営業するラーメン屋さんを
昨年オープンされました。それが「京ラーメンさだかず壬生」です。
こちらは日・祝日以外の11:30~13:30の2時間のみ営業されています。
(こちらもある意味幻のラーメン屋さんかも(笑))

場所は細い道に入って行くので近所の人や土地勘のある人以外は
初めての時は分かりずらい立地です。

さだかず 外観
さだかず 外観
さだかず 外観
さだかず 外観

外観を見ても知らなければラーメン屋さんだと分からないと思います(笑)

店内はカウンターのみ7席だけのお店です。
L字のカウンターからはどこに座ってもラーメンを作るところを見る事が出来るのが
楽しい。

さだかず 店内・内観
さだかず 店内・内観

お店に行ったのは12時過ぎで先客は1名だったのが、お店に行ってから5分も経たずに満席になりました。

メニュー
メニュー

メニューはたった2種類です。

1、ラーメン並 700円

2、特製ラーメン 900円

これにラーメンを大にすればプラス100円、ハーフにすればマイナス50円。
以上になります。
チャーシュー麺も、煮卵トッピングとかもなく、白ご飯すら無いです。
今時珍しいラーメン屋さんですね。
ラーメンへの自信の表れだと思います。

注文は特製ラーメン900円。

特製ラーメン
特製ラーメン

初めて特製ラーメンを頼みましたが、
特製って言ってもチャーシューが多いとか麺の量が多いとかはありません。
正直普通のラーメンと何が違うのかも分かりません(笑)
(次回からは普通のラーメンでいいかな笑)

ラーメンに背脂が浮いていてネギ、メンマ、チャーシューが乗っているオーソドックスなラーメンです。
麺は中細のストレート麺。

表面に脂が浮いているからかいつもスープが熱々なのが嬉しい。
麺もつるつるシコシコです。
スープ自体はあっさりとしているけど醤油のコクがあって決して物足りなさは感じません。

何よりもさだかずさんのラーメンで美味しいのはチャーシューです。
ホロホロとしたタイプのチャーシューではなく
しっかりと噛み応えのあるタイプで
一口噛むとギュっと旨味が広がります。何か鴨肉を食べている様な感じです。
このチャーシューが美味しいので是非チャーシュー麺のメニューを作って欲しい。
って言うか何で無いんやろう??
チャーシューを沢山入れたらいいだけやのに(笑)

ラーメン全体の食べ応えは軽めなので、沢山食べる人は大をおススメします。
(本当はご飯が欲しいけど)

好きな味のさだかずさんのラーメンですが、これは飲んだ後に食べたら最高やろなって思います。

*******************************************************
京ラーメン壬生さだかず

京都市中京区壬生坊城町55-5

TEL  不明
*******************************************************

★★京都ならレビューの欲しいお店があれば出来る限り行ってきますので、
ご要望があればお気軽に言って下さい。

京都・京都グルメ情報・京都観光の方にも参考にして頂けます。
焼肉 寿司 ラーメン うどん 蕎麦 中華 中華そば すき焼き しゃぶしゃぶ
フレンチ イタリアン パスタ ステーキ 牛丼 パン スイーツ カレー オムライス
海鮮 丼 お好み焼き 鉄板焼き ホルモン焼き

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ
にほんブログ村