ガッツリ食べたい時には「にぼ次朗」

ガッツリと二郎系ラーメン

四条烏丸の交差点から西に数分歩いた所に
「幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗」があります。

まずは細い路地の入口に看板が

看板
看板

その細い路地の奥にお店があります。

路地
路地

その細い路地の奥に行くとお目当ての
「幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗」があります。
入口の横には喫煙場所もあります。(店内は勿論禁煙です)

入口
入口

このにぼ次朗は東京発祥の有名なラーメン店の「ラーメン二郎」に近い系統の
いわゆる「二郎系」のお店としては京都では早く出来た方だと思います。
その中でも煮干し系を前面に押し出しているラーメンが売りです。

出来た当時から人気はありますが、カウンターのみの店内は15席前後の席数だと思いますが、
お昼の時間は待ちや、店外まで列が出来る時もあります。

麺が少なめのにぼ一朗から超大盛のにぼ三朗まで料金が同じなのも売りです。

勿論二郎系らしく、野菜増し、脂増し、タレ増しも選べます。

たまににぼ三朗を頼んで野菜増しをしている人をみると食べきれるのか心配になりますが、
しっかりと食べておられるので関心します。

個人的にはここに来るとよく頼むのが
森二朗(油そば、まぜそば)です。麺の量はその日の状態に合わせて
一朗半か二朗のどちらかです。(三朗とか無謀な事はした事がありません笑)

森二朗
森二朗

注文は野菜普通、脂普通、タレちょい増し と二郎系好きからみたら素人の様な頼み方です。
ニンニクは有で頼みました。
ニンニクを入れると食欲も湧きますし、匂いも良いのでやっぱり美味しいです。

そして普通でも大量に乗ったモヤシも麺も一緒くたに丼の底からしっかりと混ぜます。
混ぜながらニンニクの匂いがぷーんのするのが好きです。
しっかりと混ぜると底にあるスープとちょい増ししたスープとが混ざって
少し辛そうないい色の麺が見えてきます。

まぜまぜした後の麺
まぜまぜした後の麺

さぁこれを一気に掻っ込んでいきます。
タレ増しして少し辛くなった麺、モヤシ、チャーシューを一緒に口に入れると
やっぱり旨い。
本当にお腹が空いている時には最高の食べ物です。
ちょっとジャンキーな感じもいいですね。

でもモヤシと麺の量が多いので段々と顎が疲れてきます。
三朗食べてる人は凄いです。
それでも最後麺が無くなって少しモヤシの方がいつも多く残りますが、
もう麺が無い事が寂しくなったりします。
今日もガッツリと頂きました。

*******************************************************
幻の中華そば加藤屋 四条にぼ次朗

京都市下京区月鉾町59-3

075-231-6999
*******************************************************

★★京都ならレビューの欲しいお店があれば出来る限り行ってきますので、
ご要望があればお気軽に言って下さい。

京都・京都グルメ情報・京都観光の方にも参考にして頂けます。
焼肉 寿司 ラーメン うどん 蕎麦 中華 中華そば すき焼き しゃぶしゃぶ
フレンチ イタリアン パスタ ステーキ 牛丼 パン スイーツ カレー オムライス
海鮮 丼 お好み焼き 鉄板焼き ホルモン焼き

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ
にほんブログ村