京都で希少な戸隠れそば「實徳」

日本三大そばの一つ戸隠れそばの「實徳」

日本三大そばと言えば
島根の「出雲そば」岩手の「わんこそば」そして信州長野の「戸隠れそば」です。

京都では戸隠れそばはあまり馴染みはなくてスーパーで売っているのを見る位です。
そんな京都の中で美味しい戸隠れそばが食べられるお店が
「戸隠れ流そば打ち処 實徳(みのり)」です。
他にも戸隠れそばが食べられるお店があるかも知れませんが
今のところ「實徳」さんしか知りません。

その「戸隠れ流そば打ち処 實徳(みのり」さんは観光地の「銀閣寺」から
今出川通を少し西に行ったところにあります。
京都大学もすぐ近くです。

實徳 外観
實徳 外観
實徳 外観
實徳 外観

店内は木を基調にした内装で一見山小屋の様な感じで落ち着く雰囲気が好きです。

實徳 店内・内観
實徳 店内・内観
實徳 店内・内観
實徳 店内・内観

お店の中にはご主人がそばを打つスペースがあり、そば打ち教室も開かれている様です。

戸隠れそばは7割がそば粉で出来ているらしく、ぼっち盛りという独特の盛り方が特徴です。
「ぼっち盛り」とは蕎麦をひとかたまりに小分けに盛り付けていく事で
實徳さんでは打ち上げた生麺の状態で30gを1ぼっちとしているそうです。

實徳さんでは十割そばも打たれていますが、
注文はもちろんぼっち盛りの戸隠れ蕎麦です。

大とろざる1180円を注文。
大とろざるとは戸隠れそばが7ぼっち出てきて山芋が一緒に出てきます。
大ざるの場合は山芋なしです。

實徳は蕎麦だけでなく日本酒も豊富でお酒を飲んで〆にお蕎麦を食べる事も出来るので
いつかは夜に来てゆっくりとお酒を飲んでみたいと思います。
アテのメニューも豊富です。

卓上に調味料として山椒と七味がありますが、
善光寺の七味と七味家の七味と二種類あるこだわりが嬉しい。

注文を待っている間には

そば茶と揚げ蕎麦
そば茶と揚げ蕎麦

良いお蕎麦屋さんでは大体そば茶と揚げそばが出てくる様な気がします。
そしてこのそば茶と揚げそばを食べながらお蕎麦が出てくるのを待つ時間は嫌いではありません。

大とろざる
大とろざる

そしてお待ちかねの大とろざるの登場です。
勿論ぼっち盛りになっていて大盛なので7ぼっちあります。

7ぼっち
7ぼっち

それと薬味と山芋とろろが付いてきます。

山芋とろろ
山芋とろろ

食べ方は好みがあると思いますが、
まず1ぼっち目は蕎麦つゆだけで食べます。
少し太切りでコシのあるお蕎麦が美味しい。

2~4ぼっち目までは蕎麦に直接山葵を乗せて食べると蕎麦の香りがより引き立って美味しい。
山葵もそのままおろしているいるのではなく、外の皮を剥いてからおろしているので
山葵の辛味がしっかりと効いてすごくいい感じです。
たまに大根おろしも一緒に乗せて食べたりして色んな味わい方を楽しみます。

ネギは香りがきついのでお蕎麦の香りを損なうので基本的にいいお蕎麦を食べる時には入れません。

そして5~7ぼっちの最後は蕎麦つゆに山芋を入れて食べます。

この蕎麦つゆと山芋とろろが入ったつゆにお蕎麦が絡むとこれもやっぱり旨い。
7ぼっち食べて十分かと思ったら美味しいのでもっと欲しくなります。
大盛とは言え一瞬で無くなってしまいました。

そして〆にそば湯を入れて完食。
香りが良くてコシのあるお蕎麦を色んな薬味で食べれる美味しさ、楽しさが最高です。
いつか長野県の本場でも食べてみたい。

*******************************************************
戸隠れ流そば打ち処 實徳

京都市左京区 北白川久保田町57-5

TEL  075-722-3735
*******************************************************

★★京都ならレビューの欲しいお店があれば出来る限り行ってきますので、
ご要望があればお気軽に言って下さい。

京都・京都グルメ情報・京都観光の方にも参考にして頂けます。
焼肉 寿司 ラーメン うどん 蕎麦 中華 中華そば すき焼き しゃぶしゃぶ
フレンチ イタリアン パスタ ステーキ 牛丼 パン スイーツ カレー オムライス
海鮮 丼 お好み焼き 鉄板焼き ホルモン焼き

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ
にほんブログ村