ラーメンと言うよりまさに和食「猪一 離れ」

和食の技術を詰め込んだラーメン「猪一 離れ」

ビブグルマンにも選ばれた超人気のラーメン屋さんの「猪一」さんが
本店から徒歩5分程の場所に「猪一 離れ」をオープンされました。
「猪一 離れ」が落ち着くまでは本店は締めるらしいです。

暖簾
暖簾

店内も新しいのでやっぱり綺麗です。

店内
店内

メニューも魅力的です。

猪一は和食の技術を生かしたラーメンで、一般的にある様なコッテリとした
ラーメンとは一線を画します。
ラーメンのスープには動物系(豚、鶏)を一切使用してないとの事。

炙り和牛の追い鯖そば(濃い口、黒醤油)1200円

炙り和牛はA4ランクのお肉を使っていてラーメンとは別皿で出てきます。
スープは鯖の味や香りが強すぎたりはしませんが、鯖の風味はしっかりとします。

スープはかなりあっさりとしていますが、別盛りの炙り和牛を入れても
決して負けていないのは流石だと思います。

中細のストレート麺もスープによく絡みます。

途中で

とろろ昆布
とろろ昆布

とろろ昆布をほぐしながらラーメンに入れていきます。
ラーメンとわ言え和の要素が強いスープなのでとろろ昆布を入れると
良い出汁が出て美味しくなります。
小皿で出てくる柚子を乗せても爽やかになって風味もUPします。

ひとつ思ったのは炙り和牛は薄切りのお肉で美味しかったのですが、
普通のチャーシュー(京都のもち豚)でも十分美味しいと思います。
値段も炙り和牛1200円に対し京都もち豚800円と無視出来ない値段差があります。

極薄削り節の赤玉卵かけご飯

極薄削り節の赤玉卵かけご飯
極薄削り節の赤玉卵かけご飯
極薄削り節の赤玉卵かけご飯
極薄削り節の赤玉卵かけご飯

この卵かけご飯は猪一さんが和食に近いラーメン屋さんと言われる技術や材料の粋を
集めた様な卵かけご飯だと思います。

まず卵は「農林水産大臣賞」を受賞した卵だとの事です。
そしてお茶碗の真ん中に落とされたその卵のまわりには極薄に削った鰹節が
ぎっしりと敷き詰められています。

そのに専用の出汁醤油を出してもらえるので掛けてからしっかりと混ぜ合わせると
上質で極薄に削った鰹節から出汁が出て上質な卵の味と混ざって至福の美味しさです。

個人的にはラーメンよりも卵かけご飯の方が気に入った(笑)

他にもご飯物のメニューもいくつかあり、そのメニューに使用するであろう卓上調味料も
充実しているので

卓上調味料
卓上調味料

次回は他のご飯物のメニューも試してみたいです。

*******************************************************
麺屋 猪一 離れ

京都市下京区泉正寺町463 ルネ丸高1F

TEL 非公開
*******************************************************

★★京都ならレビューの欲しいお店があれば出来る限り行ってきますので、
  ご要望があればお気軽に言って下さい。

京都・京都グルメ情報・京都観光の方にも参考にして頂けます。
焼肉 寿司 ラーメン うどん 蕎麦 中華 中華そば すき焼き しゃぶしゃぶ
フレンチ イタリアン パスタ ステーキ 牛丼 パン スイーツ カレー オムライス
海鮮 丼 お好み焼き 鉄板焼き ホルモン焼き

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ
にほんブログ村