市場の中で食べる最高の海鮮丼「五右衛門」

市場で食べたら旨いに決まってるやん「五右衛門」

福井県小浜市の小浜駅から車で5分程行ったところに小浜に行けば
お土産を買うのに必ずと言ってもいいほど寄るのが「フィッシャーマンズワーフ」でしょう。
新鮮なお造りやお寿司も売っているので地元の方もお造りを買いに来られたりもします。

そのフィッシャーマンズワーフの向かいにあるのが
海鮮市場の「若狭小浜お魚センター」です。

若狭小浜お魚センター
若狭小浜お魚センター
若狭小浜お魚センター
若狭小浜お魚センター

こちらの海鮮市場は朝の7時頃から開いていて一般の方も買い物に来れるので
観光客も多い観光スポットです。
しかも新鮮な海鮮物が本当に安く市場価格で買えます。
勿論地方発送もしてくれるので近くに行けば是非寄って欲しい市場です。
営業時間は売り切れ次第終了との事で、
大体いつも昼過ぎ頃までは開いているみたいです。

その海鮮市場の入口のある食堂が「五右衛門」です。
市場に入っている食堂ってやっぱり間違いないですよね。
美味しくて有名なのもあってお昼頃には行列が出来る事もあるそうです。
ちなみにこの日は10時半頃に行ったので他に先客なし。

五右衛門 外観
五右衛門 外観

お店の前にはその日にあるお魚等が書いある看板があります。

看板
看板

看板に書いてあるメニュー以外にもイカ丼やウニ丼もあって食べたいメニューが
満載です。いつか全メニューを制覇したいと思います。

注文は普段ならお刺身定食を注文するところですが、この日は朝と言う事もあって
何となく海鮮丼の気分だったので海鮮丼1500円を注文。

海鮮丼
海鮮丼

着丼して驚きました。大量のお造りが乗っています。
お造りの種類は

タコ、イカ、いくら、サーモン、タイ、甘エビ、
かながしら、すずき、ぶり、カジキマグロ。

10種類のお造りが数枚ずつ入っているのでお造り好きには天国の様な海鮮丼です。
ご飯は料金変わらずで大盛も出来ます。

見た目だけでもう美味しいです(笑)

海鮮丼
海鮮丼

そしてこの海鮮丼に山葵を乗せて醤油を掛けて食べます。

海鮮丼
海鮮丼

初めはいつも通りまずはイカを。パリパリと新鮮な食感で甘みがあり美味しい。
タコも旨味抜群です。
これらが美味しくて他の魚が美味しくない訳がない。

それにしても流石市場の中にあるだけあって本当に美味しい。
特にカジキマグロが美味しかった。
それにしてもどのネタも本当に美味しくて全てが主役級の旨さです。

次はお刺身定食を頼んで思う存分ご飯と一緒に食べるか、
お造り盛合せでお酒を飲みたい。

平成30年3月9日追加

刺身定食

刺身定食
刺身定食
刺身定食
刺身定食

小浜に行ったのでまた朝から市場まで行って五右衛門さんで朝ご飯を食べてきました。
見て下さいこの刺身のボリューム。
ご飯は1杯まではお代わりが出来て1400円です。

この内容ならかなり安い。
お刺身の内容は
イカ、ハタハタ、かながらし、 サーモン、あじばと、かんぱち、平目、すずき、まぐろ。

このお刺身はどれ一つをとっても主役級に美味しい。
取れたての魚なので新鮮さが違います。
お昼頃には行列が出来ている事もある五右衛門さんですが、朝に行くと
大体貸切状態なのも嬉しい。

他に気になっているメニューはイカ丼、いくら丼、うに丼の3種類。
丼はミックスも出来るそうなので次回はこの3種類のミックスを頼もうかと思ってます。
楽しみ。

平成30年7月29日追加分

うにいくら丼

うにいくら丼
うにいくら丼
うにいくら丼
うにいくら丼

前から気に入っていた「うに丼」と「いくら丼」。
五右衛門さんでは丼の具材をミックスでも作ってくれるので
「うにいくら丼」を注文しました。

うには甘くていくらはプリプリで間違いのない美味しさです。
特にうにの甘みと旨味が最高でした。

この組み合わせは本当に最高でした。
また食べに行きたい。

*******************************************************
五右衛門

福井県小浜市 川崎2-5-1 若狭小浜お魚センター内

TEL  0770-52-5586
*******************************************************

★★京都ならレビューの欲しいお店があれば出来る限り行ってきますので、
ご要望があればお気軽に言って下さい。

京都・京都グルメ情報・京都観光の方にも参考にして頂けます。
焼肉 寿司 ラーメン うどん 蕎麦 中華 中華そば すき焼き しゃぶしゃぶ
フレンチ イタリアン パスタ ステーキ 牛丼 パン スイーツ カレー オムライス
海鮮 丼 お好み焼き 鉄板焼き ホルモン焼き

にほんブログ村 酒ブログ 日本全国飲み歩きへ
にほんブログ村